読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

little happy

元占い師です。会社勤めが忙しくて、占いは頼まれたらやるくらいです。毎日の生活の中で、ちょっとした気になるものをご紹介します!誰かのお役に立てるようなブログが作れたら嬉しいです^^

占いが出来て良かった!って感じる5つのポイント

昨日、占い師のメリットについて書きます!って言ったので、まずは書いてみます。

 

私が占いやって良かった!って思ったこと

 

1.友人、知人がめちゃくちゃ増えた。

 

ブログだから占い推ししていますが、普段はあまり占いしているって言っていません。

でも、やっぱり1人占うとそこからバッと噂は広がります。

基本的には、占いの依頼はあまり断りません。日常の仕事に無理のない範囲で引き受けます。

占いをすることで、友達になった人もたくさんいます。

 

2.あまり話す機会がないような立場の人とも知り合えた

 

仕事をしていると、どうしてもそのコミュニティの人ばかりと話がちです。でも、占いしていることで、普段は知り合えないような人とたくさん知り合えました。

立場とか、肩書きとか関係なく付き合えるのっていいなって思います。

 

3.何気に報酬は高い

 

あまりお金のことは言いたくないですが、実はかなり報酬はいいです。

電話占いとかは、本当に稼げます。

まあ、お客様が入らないときもあるのですが…

有名な人や、人気のある人は、ずっと予約埋まっているはずなので、本当に相当稼いでると思います。

 

4. いろいろ勉強になる

先にも言いましたが、占いしているといろんな人と知り合えます。

「こんな考え方もあるんだ!」とか、「上手くいっている人と、そうでない人との違いは?」など、いろいろ考えさせられることも多いです。

本当に勉強になります。

 

5.当たったよ!っていう報告が嬉しい

 

なかには当たらない方がいいこともありますが…

でも幸せな報告の当たったよ!はとても嬉しいです。「でしょ!いい方に行くって言った通りでしょ」ってドヤ顔しますw

また、占いの結果があまり良くなくて、それが当たってしまった場合でも、その人が「納得できた」「スッキリした」とかとかは聞いていて、後押しできたなら何よりって思います。本当にそう思っている人はとても穏やかな表情をしています。

 

あと、占いをしていると、よく思うのですが占い師ってカウンセラーのような1面があります。

占いの結果を話し、それに相手が答えることで、だんだんその人の中で考え方が固まることがあります。

または、陥りがちなパターンに気がついたり、自分の気持ちに気づいたり…

なので、占いをすると相手が泣き出すこともしばしば。

でも、泣いたあとは皆スッキリした表情を浮かべています。

そういう人は占いの結果をもうあまり気にしていません。それよりも気持ちに気がついた!知らぬ間に抑えていた感情が湧き出た!という方が重要で、それだけでも占いをやった意味があると思うのです。

そういう人から、いい報告をもらうと、やって良かったって思います。

 

こんな感じです!

個人的には、占いにかなり視野や人脈を広げてもらったので、やって良かった!って思います。

あと、結構稼げるので、副業としてもいいかも!